企業文化

社長会食

毎月、各事業部ごとに好成績を残した社員が社長と一流料亭で食事をします。毎回、好成績を収めた社員が集まり、最高の時間を共有することができます。会食場所は、大阪では、主に京都の『菊の井』、『東観荘』、東京では、『八芳園 壺中庵(はっぽうえん こちゅあん)』、『椿山荘(ちんざんそう)』など歴史ある一流料亭で行っています。それは、料理や器、接客のこだわりを通して、一流を体験し、感性を磨く事が、自分の仕事にも役立つためです。また、会食は社長とのコミュニケーションの場であると同時に、部署や上下関係に関わらず、好成績を収めたメンバーとの交流ができるので、大きな刺激を受けてモチベーションを上げる貴重な場となっています。