取材記事

代表岩本の取材記事の一覧です。
創業以来、一貫した企業理念や企業文化、戦略が注目され、様々な媒体にて記事掲載されています。

株式新聞 2014年9月19日号

「リアル」と「Web」の有機的な結合による「CROSS-OVER シナジー」戦略や、業績について紹介されています。今後の事業方針や業績目標などもお話しています。


▲クリックで拡大されます

財界 2013年8月27日号

「経営写」というコーナーに掲載されました。
社員が働きやすい風土や環境づくりについて紹介されました。社員とコミュニケーションをとる様子や創立記念式典、社長会食の様子などが写真を交えて紹介されています。


▲クリックで拡大されます

週刊ダイヤモンド 2012年2月11号

「起業人」というコーナーに掲載されました。
「月報会議」で岩本自らが会社の数字を詳細まで報告したり、社員と直接メールをやり取りして現場の意見を吸い上げたりと、社員とのコミュニケーションに注力していることが紹介されています。


▲クリックで拡大されます

人事マネジメント 2011年12月号

「社長の手腕」というコーナーに掲載されました。
創業当時から「ユーザーが本当に必要とするサービスを提供する」、「企業=人であり社員を大切にする」という思いを持ち続けていることや、「月報会議」や社長と社員でやり取りが行える「メッセージメール」についても、風通しの良い社風の例としてあげられました。


▲クリックで拡大されます

日本人材ニュース 2008年12月号

「人材ビジネス トップインタビュー」というコーナーに掲載されました。
「中小企業の味方となり、大企業にも負けない力をつけるための支援をする」というアイルの使命や、Web活用により大企業と中小企業のギャップを埋められるという考えについてお話しています。
「社員が成長すれば、会社も成長する」という考えのもと、社員の育成に注力していることも紹介されました。


▲クリックで拡大されます

マネージャパン 2008年10月号

「おもろい会社を探せ!」というコーナーに掲載されました。
事業の多角化(CROSS-OVER マネジメント)により相乗効果を生む戦略についてお話しています。社長と社員がフィフティ・フィフティの関係であることや、「月報会議」や「社長会食」などの制度がアイル社員の自立を促している、と紹介していただきました。


▲クリックで拡大されます

月刊総務 2006年7月号

月刊総務編集長との対談をいたしました。
「当たり前のことを当たり前に」することについてや「アイル語」による理念の共有化について編集長とお話しました。「新人の日誌」や「社長会食」など、社員とのコミュニケーションの重要性についてもお話しており、「社員数が増えてもこのスタイルを続けていきたい」と語っています。


▲クリックで拡大されます

日経アドバンテージ 2004年5月号

「月報会議」で会社の情報を公開するなど、ガラス張りの経営をすることで、社員の経営者意識の高さや公正公平な評価ができていることが紹介されています。


▲クリックで拡大されます

日経システムプロバイダ 2002年3月1日号

『アイル 「難攻不落」の中小企業市場で年率30%強の勢いで急成長』と取り上げられました。
顧客満足の向上を追求した結果が急成長につながっていることや、専門用語を使わずにシステム導入のメリットを説明すること、根拠のない大幅な値引きはしないこと、「できること」と「できないこと」をお客様にも伝えるオープン性などが、アイルの成長の秘訣として紹介されています。


▲クリックで拡大されます

週刊 B-ing 2000年10月11日号

「関西の絶対有望企業30社」という特集にて紹介されました。
「コンシューマ(一般消費者)ニーズを的確につかみ、それに応えるアイデアとビジネスモデルを創造したい」と岩本は語っており、事業を複数展開する有機的結合戦略で成長していると紹介されました。


▲クリックで拡大されます