出来る人と伸ばす人

「名選手必ずしも名監督にあらず」とよく言われているが、これは会社組織にも言える事であり、素晴らしい成績を残した人が、同じような成績を残す人間を育てられるかというと決してそうではないのである。成績が上がらない人に出来る人のスタイルを押し付け、目標を他人が決めてしまっては、仮にゴールまで到達しても問題の本質は解決しない。大事な事は「出来ない」から「出来るかも」と本人の視点を移行させるヒントを与え、手助けしながらも目標や実行はあくまで自分の意思で決めさせる、自立と責任の重要性を気付かせる事なのだ。他人を変えることは難しいが、自分で自分を変えるのは簡単である。アイルの中で真のリーダーとは「出来る人」ではなく、人を活かして「伸ばす人」であり、全社員が真のリーダー目指し今日も頑張っている。