無意識の中の意識

本を読んでいて、いつの間にか10ページも読んでいるのに全く内容は頭に入っていないという経験をしたことはないだろうか?表面的には文章を読んでいても心の底では、全く関係ない事を考えているような時である。このように、気がつくといつの間にか考えてしまっているような状態を「無意識の中の意識」と呼ぶ。1つの事を考える時、まとまった時間をとってひたすらに考えるよりも、心身の緊張状態を取り、頭の中をからっぽにして脳を休ませ「無意識の中の意識」の状態を作ることでアイディアを無理やり出すのではなく、自然と出す環境を作ることが大切であり、いつの間にか考えている状態時にこそ素晴らしいアイディアが閃いたりするのだ。会議室に集まり、延々と会議をするようなやり方は、アイルでは行わない。