ニュースリリース

2011年11月30日

経営支援ツール「アラジンオフィス ダッシュボード」が、
日本マイクロソフト株式会社の「Microsoft Silverlight」活用事例
として紹介されました。


  •   システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)の、経営支援ツール「アラジンオフィス ダッシュボード」が、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区/代表執行役 社長:樋口泰行)のアプリケーション開発フレームワーク「Microsoft(R) Silverlight(R)」の活用事例として紹介されました。

    URL: http://www.microsoft.com/japan/silverlight/caseStudy.aspx

「アラジンオフィス ダッシュボード」とは

http://www.aladdin-office.jp/dashboard/
 「アラジンオフィス ダッシュボード」は、基幹業務システムとの連携により売上日報や全社実績表などといったデータが、ワンタッチ操作でグラフィカルに表示できる支援ツールです。データが可視化され直感的に見ることができるため、現場業務の効率化や迅速な経営判断が可能となります。Windows(R)Phoneにも対応しており、インターネットがつながる環境であればどこでもデータ参照が可能となります。

Microsoft Silverlight概要

 「Microsoft Silverlight」は、マイクロソフトが提供するアプリケーション開発フレームワークです。機能性や操作性に優れたWebアプリケーションを迅速に開発、配信するための、最も包括的で強力なアプリケーション開発フレームワークです。


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3