ニュースリリース

2012年6月4日

アイル、ワイン卸売業・インポーター向けの基幹システム「アラジンオフィス」を販売開始。

- ボトル・ケースなどの荷姿別管理や、商品のキープ管理にも対応 -  


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、ワイン卸売業・イ ンポーター向け基幹システム「アラジンオフィス」の販売を開始しました。
 基幹業務システム「アラジンオフィス」は、アイルが開発・販売・サポートをする中堅・中小企業向けのシステムです。各業種に特化したパッケージをご用意しており、様々な業種・業態のお客様に柔軟な対応が可能です。
 このたび、ワイン卸売業・インポーター向け「アラジンオフィス」の販売を開始しました。業務に沿ったシステムでワイン卸売業・インポーターの業務効率化を支援します。

ワイン卸売業・インポーター向け「アラジンオフィス」の活用事例

1.得意先別・営業別のキープ(商品確保)に対応

 ワイン卸売業・インポーター特有のキープ業務に対応が可能です。
 キープを加味した出荷可能数の管理やキープからの引き当て売上、キープ残を管理できます。

2.ピッキングリストの出力

 配送コース別に「得意先別ピッキングリスト」や「商品別ピッキングリスト」の出力が可能です。

3.ダメージ品管理

 ラベル剥がれや汚れなどの詳細情報を、ロットNo.に紐付け登録・管理することが可能です。

4.EOS/EDI連携

 EOS/EDIや取引先からのオンライン注文に対して、受信データの取り込みが可能です。

主な機能

1.[ ロット管理 ] ロット(入庫)No.別の在庫・原価管理が可能

2.[ 荷姿管理 ] ボトル売り、ケース売りなど荷姿別の単価管理が可能

3.[ アソート品管理 ] ギフト品の仕上登録が可能

4.[ 出荷指示出力 ] 出荷依頼書・名義変更依頼書・出庫依頼書の出力が可能

5.[ 預かり業務に対応 ] 預かり売上・出荷に対応し、得意先ごとの預かり在庫も参照可能

6.[ 商品情報登録 ] ラベル写真、産地、品種などを登録でき、カタログ印刷も可能

7.[ 与信管理 ] 請求先ごとに与信限度額を設定でき、設定以上の売上登録時はアラートが起動

システム詳細

ワイン卸売業・インポーター向け「アラジンオフィス」の開発背景

 近年国内では、食生活の多様化や健康志向などを背景に、ワインの消費量が増加傾向にあります。それに伴い、ワイン卸売業・インポーターには増加した出荷数量や多様化した取引先ニーズへの対応、市場ニーズ分析とこれまで以上の管理体制が求められています。しかし業界特有の管理に対応したシステムや、ノウハウを持ったシステム会社は少ないのが現状です。
 そこでアイルは、食品業向けシステムを開発・提供し、ワイン業界にも導入してきた実績をもとに、ワイン卸売業・インポーター向けシステムの提供を開始しました。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら) 吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3