ニュースリリース

2012年10月9日

アイル、クラウド上で社内情報共有ができる「コンタクトボード」を顧客企業に無料で提供開始。

- アイルの顧客層である中小企業向けに手軽さを追求し、スマートフォンにも対応。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、顧客企業向けサポートサービス「アイルクラブ」会員企業に向け、社内情報共有ツール「コンタクトボード」の無料提供を開始しました。

 「アイルクラブ」は、アイルが顧客企業に提供しているサポートサービスです。福利厚生サービスや、アイルの業務支援サービスを会員価格でご利用いただけます。
 このたび無料提供を開始した「コンタクトボード」は、クラウド上で社内の情報共有を行えるサービスで、掲示板の利用・ファイルの共有・設備予約が可能です。シンプルな仕様で誰でも簡単に使えます。掲示板に情報が掲載されると自動で通知メールが届き、スマートフォンにも対応しているため、社内のスムーズな情報共有を実現します。

社内情報共有ツール「コンタクトボード」の特長

1.誰でも簡単に使える、機能を厳選したシンプルな仕様

わかりやすいインターフェースであるため、利用者が偏らず全社員でスムーズに活用できます。

2.人数無制限で全機能を無料で利用可能

何名様でも全機能を無料で利用できます。ファイル保存容量は1GBまで可能です。

3.掲示板に情報が掲載された際の、メール通知設定が可能

情報が掲載されると、登録されている社員に自動でメール通知が可能です。情報の共有漏れを防ぎます。

4.スマートフォン・携帯電話に対応

マルチデバイスに対応し、外出先からも利用が可能です。全社員にスピーディな情報共有を行えます。

「コンタクトボード」の活用例

・お客様からの喜びの声や要望を共有する。

現場の社員がお客様からいただいた貴重な声を全社で共有し、サービスの向上に役立てられます。掲載された情報は蓄積されるため、中途・新入社員にも共有できます。

・本社の決定事項や社長の声を全社に浸透させる。

事業所や店舗へも本社の決定事項を共有できます。社長の言葉を全社員へタイムリーに浸透させることも可能です。拠点や部署の壁をなくし、全社の統一を図れます。

サービス提供背景

 アイルでは、従来からイントラネットで社内の情報共有を活発に行っており、その効果の大きさを実感しています。また、顧客企業から「グループウェアを導入したいが、機能が多く使いこなせない」といったご相談をお受けすることが多くありました。
 そこで、自社で利用しているイントラネットの開発ノウハウを活用し、機能を絞ったシンプルな社内情報共有ツールを開発しました。まずは顧客企業に無料で提供し、手軽にご活用いただくことで企業力アップにつなげていただきたいと考えています。今後は新規企業への提供も行う予定となっています。

「アイルクラブ」について

https://guest.illclub.jp/

 アイルの顧客企業へ感謝の還元を目的として立ち上げたサービスです。現在提供しているコンテンツは、宿泊・レジャー施設など全国75,000軒以上の優待利用、ペーパーレスと効率的な商品PRが可能なWebカタログの10ページ無料作成、アイルが運営するビジネススクール「アイルキャリアカレッジ」の無料優待など、幅広くご用意しています。
 今後はサービス拡充とともに、新規企業への提供や、会員企業同士が交流できる仕組みづくりを目指し、会員企業が有機的に発展できるサービスとなるよう尽力してまいります。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら)、 吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX: 03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3