ニュースリリース

2012年12月12日

アイルの基幹業務システム「アラジンオフィス」が、マイクロソフトのWindows 8対応製品として認定されました。


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854)が開発・提供を行う基幹業務システム「アラジンオフィス」は、マイクロソフトの最新OS「Windows 8」の対応製品として認定されました。
 早期認定取得パートナー企業として、「アラジンオフィス」が最新のシステム環境で快適にご利用いただけるよう、今後も迅速に対応してまいります。

※ Windows(R) および Windows ロゴは、米国 Microsoft Corporation および/またはその関連会社の商標です。

基幹業務システム「アラジンオフィス」について

http://www.aladdin-office.jp/
 「アラジンオフィス」は株式会社アイルが開発・販売・サポートをする、中堅・中小企業向けのシステムです。製造業・卸売業・小売業を主な対象としております。自社開発による柔軟なシステム構築と、開発から保守まで自社で一貫したワンストップサービスを行うことで、中堅・中小企業の経営業務を支援しております。
 ファッション、食品、医療、鉄鋼、ネジなどといった、各業界特有の機能をパッケージ化することで、コストを抑えてのシステム導入が可能となります。
 サポート体制も充実しており、専任のサポート担当がハード・ソフト両面のサポートを行っております。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら)、吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3