ニュースリリース

2013年7月5日

< アイル 本部・店舗管理システム導入事例 >
子供服販売を行うマーキーズ様の、「アラジンオフィス」と「アラジンショップ」導入を支援。

- リアルタイムの在庫・売上データを見ながら、本部から的確な指示ができるように。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、子供服販売を行う株式会社マーキーズ様の、本部管理システム「アラジンオフィス」と店舗管理POSシステム「アラジンショップ」の導入を支援しました。
 リアルタイムの在庫参照を可能にし、本部から店舗への指示体制づくりを支援しました。

システム導入前の課題

1.以前のシステムでは、在庫や売上のデータを営業終了後まで見られなかった。日中の状況は各店舗に電話で確認していた。

2.棚卸のたびに実在庫とデータの数値に原因不明の差異が生じており、正確な在庫数の把握ができなかった。

アイルのシステムを選んだ決め手

複数社に提案を依頼した中で、マーキーズの業務をしっかり分析した上で提案をしてきたのはアイルだけだった。

システム導入後の効果

1.リアルタイムの在庫参照で、店舗販売や外出先での商談、棚卸がスムーズに。

「積送在庫」や「取置在庫」の管理が可能になり、在庫が合うように。「アラジンショップ」はスマートフォンで在庫状況の参照が可能なため、バイヤーが外出先で最新データを見ながら商談をできるようになった。

2.アイルの提案で業務フローや商品管理の方法を変更し、作業効率が上がった。

以前は店舗で行っていた業務を本部に移管。本部で在庫数をリアルタイムに確認しながら、店舗へ商品投入や店舗間移動の指示が可能に。店舗は販売業務に専念できるようになった。

3.店舗の正確な集計データにより、出店計画が立てやすくなった。

各店舗の正確なデータの蓄積・分析が可能になり、目標である店舗数の拡大に向けて計画を立てやすくなった。システム導入前の9店舗から、15店舗までに店舗数を増やすことができた。

詳細情報

株式会社マーキーズ様について

業務内容 : 子供服販売
所在地  : 大阪府堺市堺区出島海岸通2丁目3番13号
HP     : http://www.markeys.co.jp/

アパレル業向け本部管理システム「アラジンオフィス」の特長

 http://www.aladdin-office.jp/fashion/product/apparel/

1.色サイズ別の商品管理が可能
2.展示会受注管理が可能
3.商品カタログの発行が可能
4.受注配分・出荷指示が可能
5.商品軸による店舗配分が可能
6.バーコードタグの発行、ハンディターミナルとの連携に対応

店舗管理POSシステム「アラジンショップ」について

 http://www.aladdin-office.jp/fashion/type/retail/pos/

 アパレル小売店舗に特化したPOSシステムです。売上や在庫のリアルタイムな管理が可能です。本部管理システムとの連携が可能です。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら)、吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3