ニュースリリース

2014年7月15日

< アイル 基幹システム・Web受発注システム導入事例 >
食品卸・小売を行うワキュウトレーディング様の「アラジンオフィス」と「アラジンEC」の導入を支援。

- 得意先の細かい注文指示を正確に管理。農場や飲食店との受発注もシステム化。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、マッシュルーム専門卸・小売を行う株式会社ワキュウトレーディング様の、基幹システム「アラジンオフィス」とWeb受発注システム構築クラウドサービス「アラジンEC」の導入を支援しました。複雑な注文情報の正確な管理や、農場・飲食店との効率的な受発注業務を支援しました。

基幹システム「アラジンオフィス」導入前の課題

1.複雑な注文情報をエクセルで管理しており、手作業では追いつかなくなっていた。

商品の種類やサイズ、入数などを得意先ごとの要望に合わせて提供しており、その複雑な注文指示情報をエクセルで管理していた。手作業での伝票作成や市販ソフトへの入力作業も必要で、管理が複雑化していた。

2.ミスが出やすくチェック作業にも苦労しており、業務担当者は休みをとりづらかった。

作業ごとに担当者が異なるためミスが出やすく、チェック作業に苦労していた。業務担当者は一日中入力作業に追われ、休みをとりづらかった。

アイルの「アラジンオフィス」を選んだ決め手

アイル担当者が的確な解決案をくれ、導入後のメリットがわかりやすかった。

 特殊な管理方法もアイル担当者に話すと理解してもらえ、次の打ち合わせでは的確な解決案をもらえた。導入後の効果がよくわかり、コストも抑えられた。

システム導入後の効果

1.複雑な注文情報をシステムで管理し、帳票まで一貫して出力可能に。

得意先ごとの複雑な注文指示内容をシステムで管理可能になり、発注指示書・納品書・請求書まで一貫して出力が可能になった。ミスも防げるようになり、得意先からの信頼度アップにもつながった。

2.業務担当者に余裕ができ、休みもとりやすくなった。

業務負荷が削減されたことで、以前は担当者5名で業務をまわしていたが、派遣社員を除けば3名でまわせるようになり、休みもとりやすくなった。

3.取引農場にもシステムを紹介し、自社との受発注連携が可能に。

取引農場にも「アラジンオフィス」を紹介し、導入が決定。現在は、取引農場との受発注データを連携する準備を進行中。自社で受注データを入力すれば取引農場に発注され、帳票類も一貫して出力できる仕組みを整えている。



Web受発注システム「アラジンEC」の導入について

 アイルが提供するWeb受発注システム「アラジンEC」も導入。自社の直営店から稼働を開始し、今後得意先の飲食店にも広めていく。

ワキュウトレーディング様の活用イメージ

 得意先がWeb上で発注すれば、ワキュウトレーディングに受注データが届き、作業の必要なく取引農場に発注データが流れ、ワキュウトレーディングからの請求書発行まで一貫して可能になる。
 飲食店が閉店後の深夜でも自由に発注が可能になるため、得意先の効率アップにもつながる。

詳細情報

株式会社ワキュウトレーディング様について

業務内容 : マッシュルーム卸・加工販売・小売
所在地  : 東京都町田市中町4-24-17
HP     : http://www.waq.jp/

基幹システム「アラジンオフィス」シリーズについて

 http://www.aladdin-office.com/

 自社開発による柔軟なシステム構築と、開発から保守までのワンストップサービス、充実したサポート体制で、中堅・中小企業の経営業務を支援しております。
 アパレル、食品、ねじ、鉄鋼、医療などの業種に特化したパッケージをご用意しており、コストを抑えてのシステム導入が可能です。

Web受発注システム構築クラウドサービス「アラジンEC」について

 http://aladdin-ec.jp/business/

 企業間のWeb受発注システムを構築します。電話・FAXでの受発注や在庫確認をシステム化でき、自社・得意先ともに利便性を高めます。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3