ニュースリリース

2014年7月28日

< アイル システム導入・HP制作事例 >
アパレルOEMを行うホープインターナショナルワークス様の「アラジンオフィス」導入とホームページ制作を支援。

- 原価・利益の可視化が社員の意識改革に。訴求力の高いホームページに刷新し、問合せも増加。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、アパレルのOEMを行うホープインターナショナルワークス株式会社様の、本部管理システム「アラジンオフィス」の導入とホームページの制作を支援しました。原価や利益の可視化による社員の意識改革と、訴求力の高いホームページへの刷新で問合せの増加を支援しました。

基幹システム「アラジンオフィス」導入前の課題

原価管理をエクセルで行っており、為替の変動を加味できていなかった。

生地や付属品の購入金額・加工賃・貿易経費・人件費などエクセルで管理していた。しかし為替の変動を考慮し、為替を送金するまで原価を入力できなかった。

アイルの「アラジンオフィス」を選んだ決め手

コンサルティングを重視する姿勢が自社と共通しており、信頼できた。

数社のシステム会社から話を聞いたが、アイルの営業担当者はシステムを売って終わりではなく、その後も業務改善策を一緒に考えると言ってくれた。自社も顧客に素材から提案するなどコンサルティングを重視しており、スタンスが共通していることで信頼できた。

システム導入後の効果

1.案件ごとの原価構成を可視化することで、迅速な経営判断が可能に。

為替の変動を加味した原価管理が可能になった。システムで案件ごとの原価構成も明確になり、迅速な経営判断につながっている。

2.正確な利益を把握できるようになり、営業担当者の意識改革につながった。

お金の流れが可視化され、個人の感覚と実際の利益の差も明確になった。目標額に満たなかった際の原因追究が可能になり、営業担当者はより数字を意識できるようになった。



「Webドクター」サービスによるホームページリニューアルに向けたご要望

・会社概要のようなホームページではなく、新規顧客の獲得を目的とした独自の魅力が伝わるホームページに仕上げる。

・紙ではできないスピード感や動きをつけ、ユニークなデザインにする。

ホームページリニューアル後の効果

問合せが増加し、問合せ元の企業から「ここにならお願いしたいと思った」との言葉をもらった。

訴求力とデザイン性を追求したことで、1か月の問合せ数が着実に増加した。問合せ元の企業から、「どの会社よりもオリジナリティと頼みやすい雰囲気があり、ここにならお願いしたいと思った」と言われた。採用活動にも好影響が出ている。

詳細情報

ホープインターナショナルワークス株式会社様について

業務内容 : アパレルOEM・ODM
所在地  : 大阪市西区北堀江1-19-8 四ツ橋KMビル3階
HP     : http://hope-inter.co.jp/

アパレル業界向け本部管理システム「アラジンオフィス」の特長

 http://www.aladdin-office.com/fashion/type/maker-oroshi/

1.色サイズ別の商品管理が可能。
2.展示会の受注管理が可能。
3.商品カタログの発行が可能。
4.受注配分・出荷指示が可能。
5.バーコードタグの発行が可能。
6.ハンディターミナルとの連携に対応。

戦略的Webマーケティングサービス「Webドクター」について

 http://www.web-doctor.jp/

 アイルでは単なるWebサイト制作・運用だけでなく、顧客の事業分析コンサルティングやマーケティング戦略策定も行います。問合せにつながるよう顧客心理を考えた巧みな導線設計や、リスティング広告、SEO対策など「引合い型」にこだわった運用で、売上アップを支援します。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3