ニュースリリース

2014年8月8日

< アイル 本部管理システム導入事例 >
アパレル卸を行うキュウ様の「アラジンオフィス」導入を支援。

- 独自の帳票もシステムで発行し、残業を削減。アイル担当者の人間性を信頼。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、アパレル卸を行う株式会社キュウ様の、本部管理システム「アラジンオフィス」の導入を支援しました。独自の帳票をシステムで発行可能にし、残業の削減を支援しました。

システム導入前の課題

エクセルでの受発注・在庫管理に時間がかかり、23時頃まで残業することもあった。

受発注・在庫・商品情報などの詳細な管理はエクセルで行っていたが、ファイルのデータが重くなり、フリーズが発生しやすくなっていた。手作業に時間がかかり、業務が23時頃までかかることも多く疲労感が高まっていた。

アイルの「アラジンオフィス」を選んだ決め手

アイルの営業担当者の対応は熱心で、信用できた。

システム会社の営業は信用しづらい印象があったが、アイル担当者の対応は熱心で、不要な機能は不要と言ってもらえるため信用できた。システムの機能性以上に担当者の対応を重視しており、アイル担当者の対応を受け、他社のシステム会社と比較することもなく導入を決めた。

システム導入後の効果

1.独自の帳票をシステムから発行可能にし、入力作業が効率化。

展示会受注から発注・仕入・請求までのデータが連動し、入力負荷が削減。入れるべき情報が多い発注書も、システムに登録した商品データから独自のフォーマットで容易に出力できる。独自の商品カタログ、下げ札発注書、受注集計表などもシステム発行を可能にした。

2.日次業務が効率化し、4〜5時間かかっていた残業が削減された。

以前は業務が23時頃までかかることもあったが、帳票作成のシステム化により18〜19時には退社できるようになった。

3.消費税率改正に伴うシステムの税率設定変更も、スムーズに完了。

2014年4月の消費税率改正時、システムの税率設定も変更の必要があったがスムーズに行えた。

詳細情報

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。

 http://www.aladdin-office.com/fashion/case/cue.html

株式会社キュウ様について

業務内容 : レディースアパレル卸
所在地  : 東京都渋谷区千駄ケ谷4-10-3 キクヤビル5F
HP     : http://www.cue0205.com/

アパレル業界向け本部管理システム「アラジンオフィス」の特長

 http://www.aladdin-office.com/fashion/type/maker-oroshi/

1.色サイズ別の商品管理が可能。
2.展示会の受注管理が可能。
3.商品カタログの発行が可能。
4.受注配分・出荷指示が可能。
5.バーコードタグの発行が可能。
6.ハンディターミナルとの連携に対応。

基幹システム「アラジンオフィス」シリーズについて

 http://www.aladdin-office.com/

 自社開発による柔軟なシステム構築と、開発から保守までのワンストップサービス、充実したサポート体制で、中堅・中小企業の経営業務を支援しております。
 アパレル、食品、ねじ、鉄鋼、医療などの業種に特化したパッケージをご用意しており、コストを抑えてのシステム導入が可能です。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3