ニュースリリース

2014年8月26日

< アイル 基幹システム導入事例 >
青果仲卸を行う定善様の「アラジンオフィス」導入を支援。

- 青果業特有の複雑な収支計算をシステム化。営業活動に注力できるようになり、得意先も増加。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、青果仲卸を行う株式会社定善様の、基幹システム「アラジンオフィス」の導入を支援しました。青果業特有の複雑な収支計算をシステム化し、日次業務の効率化を支援しました。

システム導入前の課題

青果業特有の複雑な在庫管理や収支計算を、毎日手作業で行っていた。

以前は市販ソフトを利用していたが、青果業の商習慣に合わせた在庫管理・収支計算をシステムでできていなかった。傷みやすい果物のロスを加味した在庫管理や、同品目でも品質により異なる売上・原価の管理、洗い替え(※)を手作業で行っており負荷が高かった。

※ 洗い替え … 商品にロスが多く販売金額が仕入金額を下回った際、仕入先と仕入金額を再調整し、売上処理後のデータの原価を変更して計上すること。

アイルの「アラジンオフィス」を選んだ決め手

要望を叶えられる機能性に加え、豊富な導入実績に安心感が持てた。アイルの担当者が青果業の商習慣をよく理解した上で提案をくれ、導入前から導入後のイメージを掴めた。

システム導入後の効果

1.在庫のロット・荷姿管理機能を活用し、青果業の商習慣に適した管理を実現。

同じ品目の商品でも個別に番号を割り振るロット管理が可能になり、商品ごとの販売情報や収支が明確になった。販売単位(荷姿)は、1商品に対しバラ・パック・ケースなど3単位まで管理できるため、売り方に応じて正確な在庫管理・収支計算が可能になった。

2.青果業特有の原価洗い替えもシステムで一括反映が可能に。日次業務の負荷削減で、営業活動に注力できるように。

「原価洗い替え機能」をカスタマイズ追加し、洗い替えを一括でシステムに反映させられるようになった。日次業務に割いていた時間を営業活動に充てられるようになり、得意先の増加につながった。

3.サポートサービスの対応も早く、体制がしっかりしている。

一度システムのデータが重くなり、アイルにプログラムを組み替えてもらった際は対応が早く、システムの操作が軽くなったことも実感した。システム会社勤務の経験がある者から見ても、アイルのサポートサービスはしっかりしていると感じる。

詳細情報

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。

 http://www.aladdin-office.com/food/case/sadazen.html

株式会社定善様について

 業務内容 : 青果仲卸
 所在地  : 東京都大田区東海3-2-6
 代表者  : 水越 雅昭

「アラジンオフィス」の青果卸売・加工業向け提案機能

 http://www.aladdin-office.com/food/vegetable/

1.ロット管理・産地管理
ロット(入庫)ナンバー別に在庫・原価管理が可能です。産地管理や、日ごとに仕入原価が異なる商品の利益計算を正確に行えます。

2.荷姿管理
バラ・ボール・ケースなどの、各入数や販売・仕入単価を設定することができます。

3.売上(請求)データ連携
売上(請求)データの出力、取引先とのデータの受け渡しが可能です。

4.複数過去単価の参照
得意先・商品別に、過去の取引単価実績の参照が可能です。直前取引単価や仕入平均単価、得意先分類別単価など、様々な取引単価情報をもとに値決めすることができます。

基幹システム「アラジンオフィス」シリーズについて

 http://www.aladdin-office.com/

 自社開発による柔軟なシステム構築と、開発から保守までのワンストップサービス、充実したサポート体制で、中堅・中小企業の経営業務を支援しております。
 アパレル、食品、ねじ、鉄鋼、医療などの業種に特化したパッケージをご用意しており、コストを抑えてのシステム導入が可能です。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3