ニュースリリース

2015年2月2日

複数ネットショップ一元管理ASPサービス「CROSS MALL」を提供するアイル、
日本最大のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズと提携。

- ネットショップに向けてバックヤード業務やクリエイティブ制作の効率化を支援するサービスを提供。 -


 複数ネットショップ一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」を提供する株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、日本最大のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社と提携をいたしました。
 「CROSS MALL」を利用しているネットショップに対し、ランサーズのクラウドソーシングサービスを提供することで、バックヤード業務やクリエイティブ制作の効率化を支援いたします。

提携背景

 ネットショッピングの市場は拡大しており、平成 25 年の日本国内の BtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は11.2 兆円で、前年比 17.4%の増加率となっています。(※) 市場が拡大する一方で、売上を伸ばしているネットショップは業務負荷が増えているのが現状です。
     (※) 経済産業省「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」
 アイルは、ネットショップにおける煩雑な業務を効率化すべく、複数のネットショップの商品管理や在庫管理などを一元化するASPサービス「CROSS MALL」を提供しております。ランサーズは、日本最大のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営しています。ネットショッピングの市場拡大に伴い、ネットショップのバックヤード業務をアウトソースしたいという声が増えているため、ランサーズとアイルは共同で、クラウドソーシングサービスの提供による業務効率化の支援をいたします。

提携の内容

 ネットショップの運営において、画像作成などのクリエイティブ制作や商品登録作業はとても煩雑な作業となります。この作業をクラウドソーシングの活用により簡略化することで、作業負荷の軽減につながります。「CROSS MALL」を利用しているネットショップに向けて、「ランサーズ」がバックヤード業務やクリエイティブ制作の支援を行うプランを提供します。

本提携に関するご紹介

 「CROSS MALL」主催のイベント「バックヤード カンファレンス2015」にて、ランサーズ取締役の足立和久氏が登壇し、ネットショップ向けのクラウドソーシング活用についてお話してくださいます。

[ 「バックヤードカンファレンス2015」詳細 ]
 http://cross-mall.jp/backyard_conference/

ランサーズ株式会社について

http://www.lancers.co.jp/
 ランサーズは、「時間と場所にとらわれない新しい働き方を提案」する、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」( http://www.lancers.jp/ )の運営会社です。2008年12月より日本初のサービスを運営開始して以来、登録された仕事の予算総額は398億円を突破、上場企業を始めとし約108,000社が利用、登録数は国内最多の約43.4万人となります。(2015年1月現在) 


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3