ニュースリリース

2015年5月18日

アイル、中小企業向けIT資産管理・稼働管理クラウドサービス「アラジンライブモニタ」の提供を開始。

- マイナンバー制度施行に伴い、高まるセキュリティ対策のニーズに対応。 -


 株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、中小企業に特化したIT資産管理・稼働管理クラウドサービス「アラジンライブモニタ」の提供を開始しました。
 企業情報漏えい問題や2016年1月からのマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)施行により、企業において情報管理やセキュリティ対策へのニーズが高まっています。中小企業でも導入しやすいように、シンプルな機能で低コストのIT資産管理・稼働管理クラウドサービスを提供いたします。

特徴

1.中小企業向けのシンプルな機能でコストを抑えて提供

大企業が使うような高機能は必要ないという中小企業のお声をもとに、必要最低限の機能に絞っています。月額利用料はクライアントパソコン5台で2,500円と、低コストを実現しています。

2.コールセンターや遠隔操作による充実したサポート体制

アイルは多数の中堅・中小企業への基幹システム導入実績があり、サポート体制も整っています。コールセンターでの応対や遠隔操作により不明点などもスムーズに解決いたします。

3.情報漏えいの抑止効果につながる

中小企業においては操作の制御機能までは必要ないというお声が多いため、操作ログ管理機能やアラート機能によって情報漏えいの抑止効果につなげます。


主な機能

・パソコン稼働管理
 パソコンごとのOSの更新状況およびリソース稼働状況などの把握が可能です。

・操作ログ管理
 印刷履歴やログオン/オフ履歴、外部記憶デバイス接続情報を自動収集します。

・資産管理
 ハードウェアの機種名や使用者名、ソフトウェアの使用数といった情報を管理できます。

・ネットワークスキャン
 パソコン以外にもプリンタや複合機などのネットワークに接続された機器情報を自動収集します。

詳細情報


料金

月額(税抜) : 5台 2,500円 / 10台 4,000円 / 20台 7,000円 / 50台 16,000円
(※ 別途、初期費用がかかります。 ※ 100台以上も対応可能です。ご相談ください。)

本サービス提供の背景

 企業情報漏えいへの対策として、大企業のみならず中小企業においてもセキュリティ対策の需要が 高まっています。また、2016年1月からはマイナンバー制度が施行されることとなり、企業は個人情報の取り扱いにおいて更に注意が必要となります。一方で中小企業においては、情報管理ソフトは高機能で且つコストがかかるため導入できない、というお声を多く伺っていました。そこで創業以来、中小企業に特化して基幹システムを提供してきたアイルが、お客様のお声をもとに、必要な機能のみに絞りコストを抑えたIT資産管理・稼働管理クラウドサービスを提供することにいたしました。



本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 菅原(すがわら)、吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3