ニュースリリース

2015年5月29日

< アイル システム導入事例 >
冷凍食品業のアイマックフーズ様の「アラジンオフィス」導入を支援。

- 自社の業務に合ったシステムでロット管理を実現。正確な賞味期限管理が可能に。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、冷凍食品の企画・開発・販売を行うアイマックフーズ株式会社様の基幹システム「アラジンオフィス」の導入を支援しました。業務に合ったシステムで、ロット管理や正確な賞味期限管理の実現を支援しました。

「アラジンオフィス」導入前の課題

1.以前のシステムは冷凍食品業に合っておらず、賞味期限管理などができなかった。

食肉会社から一部署で独立した経緯のある同社。現在は冷凍食品を取り扱っているため、以前の会社で使用していたシステムの転用では機能が不足していた。

2.売上・仕入・在庫を別々の台帳で手書き管理しており、人為的ミスが絶えなかった。

手書きでの台帳管理は、数が合わないなどのミスが起きやすかった。それぞれの台帳が連動していないため、どこの数字が間違っているのかの原因究明も困難だった。

「アラジンオフィス」を選んだ決め手

1.ロット管理や精度の高い先入れ先出しなどに対応でき、パッケージ機能が充実していた。他社のシステムではカスタマイズが必要で、コストが膨らんだ。

2.アイル担当者は食品業に精通しており、専門用語で会話ができる。多数の事例を踏まえたアドバイスにも安心できた。

「アラジンオフィス」導入後の効果

1.操作指導がわかりやすく、レスポンスが早いサポート体制に満足。

導入後は、サポート担当者がわかりやすく指導してくれた。問い合わせ時のレスポンスが早く、忘れられているのではと不安を感じることがない。自社のためのチームを組み、全員で挨拶に来てくれたことにも感激した。

2.売上・仕入・在庫管理をシステムで一元化でき、手間とミスが削減した。

売上・仕入・在庫をシステムで一元管理でき、一度の入力でデータの整合性がとれるようになった。ロット管理・賞味期限管理やスムーズな販売履歴の照会も可能になった。FAX・エクセル連携などの機能も操作が簡単で、作業効率が上がった。

詳細情報

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。

 http://www.aladdin-office.com/food/case/imac-foods.html

アイマックフーズ株式会社様について

 業務内容 : 冷凍食品の企画・開発・販売
 所在地 : 大阪市中央区天満橋京町3-5 福助ビル10階
 HP : http://imac-foods.jimdo.com/

食品業向け基幹システム「アラジンオフィス」の特長

 http://www.aladdin-office.com/food/

 1.賞味期限管理・トレーサビリティに対応
 2.帳合管理・歩引きに対応
 3.荷姿(バラ・ボール・ケース)管理が可能
 4.生産計画・所要量計算が可能
 5.出荷指示・配送管理に対応
 6.豊富な在庫帳票(預かり、不動、日別など)


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3