ニュースリリース

2015年10月30日

< アイル システム導入事例 >
ねじ卸・切削部品製造業である山本ねじ工販様の「アラジンオフィス」導入を支援。

- 生産進捗や経営状況を可視化。システムが高品質・小ロット・短納期サービスの裏付けに。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、ねじ卸・切削部品製造業である山本ねじ工販株式会社様の、ねじ業向け販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス」の導入を支援しました。生産進捗や経営状況の可視化を支援しました。

「アラジンオフィス」導入前の課題

商社部門の本社は在庫管理ができていなかった。また、製造部門である工場の生産進捗・工程は、本社・工場でリアルタイムに参照できなかった。横浜本社の営業が得意先から生産進捗の問い合わせを受けると、新潟工場へ電話で確認する必要があった。

「アラジンオフィス」を選んだ決め手

業界では特殊な業務形態である同社の要望に合わせて、柔軟なシステム構築が可能だった。

「アラジンオフィス」導入後の効果

1.生産工程・進捗、機械の負荷状況がリアルタイムに参照できるようになり、対応がスピーディに。

工程表のシステム化により、本社・工場ともに各自で生産工程・進捗をリアルタイムに確認できるようになった。得意先への素早い納期回答や、納期の遅延防止・前倒しも可能になった。機械の負荷状況も見えるため、効率的な生産計画が立てられるようになった。

2.システムのデータを分析することで問題を可視化。優先順位を立てて経営改善に動けるように。

「アラジンオフィス」は集計データを全てエクセルに落とせるため、必要なときに自由な角度でデータを抽出できる。以前は見えなかった人員や機械の不足などに気づけ、経営改善に動けるようになった。

3.アイルの万全なフォローにより、運用しやすいシステムが完成。

アイルのサポート担当者は、希望の稼働時期に間に合うよう、いつ何をすべきかのスケジュールを細かく提示。結果的に余裕を持って稼働できた。最低限の機能からスタートできるため、システムの精度が上がり、コストや労力を最小限にできている。

詳細情報

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。

 https://www.aladdin-office.com/neji/case/yamamotonejikouhan.html

山本ねじ工販株式会社様について

 業務内容 : ねじ卸、切削部品製造業
 所在地 : (横浜本社)神奈川県横浜市都筑区川向町1330番地
        (新潟燕工場)新潟県燕市小関野中1065番地1号
 HP : http://yamaneji.com/

ねじ製造業向け「アラジンオフィス」の特長

 https://www.aladdin-office.com/neji/function/product/

 1.生産計画をもとにした材料発注が可能
 2.適切な製造指示が可能
 3.製番・ドラム缶ナンバーによる進捗管理が可能
 4.機械能力・生産数による納期計算が可能
 5.受注別の生産予定を検討可能

ねじ卸売業向け「アラジンオフィス」の特長

 https://www.aladdin-office.com/neji/function/oroshi/

 1.加工依頼書の一括発行が可能
 2.得意先ごとの品名・品番管理が可能
 3.商品登録が容易に可能
 4.図面ミルシート管理が可能
 5.業界特有の検索項目に対応


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3