ニュースリリース

2016年5月26日

< アイル システム導入事例 >
かつお節製造・販売業であるヤマヒデ食品様の「アラジンオフィス」導入を支援。

- 販売管理データの活用により、社内レポートを自由に作成。安定したサポートサービスを実感。 -


 システムソリューションプロバイダの株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)は、かつお節製造・販売業であるヤマヒデ食品株式会社様の、基幹システム「アラジンオフィス」の導入を支援しました。販売管理データの活用による自由な社内レポートの作成を支援しました。

「アラジンオフィス」導入前の課題

1.Windows Server 2003のサポート終了に伴い、以前のシステムの入れ替えが必要になった。
2.EDIの受注データやインターネットバンキングの入金データをシステムに取り込む際、特定の得意先のデータしか取り込めない、単価情報が取り込めないなどの不自由があった。

「アラジンオフィス」を選んだ決め手

1.以前のシステムは一式まとめての金額提示だったが、アイルの見積は機能ごとに料金がいくら掛かるかを詳細に提示してもらえた。
2.安定したサポートサービスが継続的に受けられるだろうという信頼感があった。

「アラジンオフィス」導入後の効果

1.データベースから販売管理データを直接取得できることで、社内レポートの作成が柔軟に。

販売管理データをデータベースから直接取得できるようカスタマイズ。日報や売掛一覧表などを、現場メンバーが求める形式で自由に作成できている。

2.データの取り込みやリベート計算をシステム化でき、作業時間が1日30分〜1時間削減。

EDIの受注データやインターネットバンキングの入金データを「アラジンオフィス」へ一括で取り込むことが可能になった。得意先ごとに歩引き設定をしておくことで、システムでリベートの自動計算も可能。入力後のチェックや修正作業の負荷が軽くなり、1日30分〜1時間は作業時間が削減された。

詳細情報

導入事例の全文は、下記URLからご覧ください。

 https://www.aladdin-office.com/food/case/yamahide.html

ヤマヒデ食品株式会社様について

 業務内容 : かつお節・削り節、だしパックなどの製造・販売
 所在地 : 兵庫県三木市別所町巴29番地
 HP : http://k-yamahide.co.jp/

食品業向け「アラジンオフィス」の特長

 https://www.aladdin-office.com/food/

1.賞味期限管理・トレーサビリティに対応
2.帳合管理・歩引きに対応
3.荷姿(バラ・ボール・ケース)管理が可能
4.生産計画・所要量計算が可能
5.出荷指示・配送管理に対応
6.豊富な在庫帳票(預かり、不動、日別など)


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3