ニュースリリース

2016年12月5日

複数ネットショップ一元管理ASPサービス「CROSS MALL」、受注処理を自動化する機能を提供開始。

- バックヤードの業務に合わせた運用を支援し、失敗しない自動化を実現。 -


 株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)が提供する複数ネットショップ一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、受注処理を自動化する機能の提供を開始しました。バックヤードの普段の受注処理を変えることなく、失敗しないスムーズな自動化を実現します。

失敗しない自動化とは

自動処理機能は「設定が複雑で難しい」、「あらかじめ決められた自動処理に自社の処理方法を合わせなければいけない」などといった、使いこなせないという課題をお聞きすることがありました。そういった課題を元に「CROSS MALL」では、失敗しない自動化を目指し新機能の提供に至りました。

(1) 一部の受注処理から自動化をスタート。
一気に全ての処理を自動化設定するのではなく、一部の処理から自動化をスタートできます。複雑な設定は必要なく、自社のペースで自動化設定ができます。

(2) 普段行っている受注処理をそのまま自動化。
システムに合わせて業務を変える必要はありません。「自動処理登録支援機能」により普段の処理をそのまま自動化設定できます。

(3) 「シミュレーション機能」により設定ミスを防止。
設定した処理を事前確認できる「シミュレーション機能」により、設定ミスを防ぐことができます。

受注処理自動化の機能について

手作業で行っていた受注処理を自動化することで、作業負荷を軽減します。「商品Aが購入されたら、おまけ商品Bを追加する」、「合計金額が5,000円以上の場合は、送料を0円にする」等の処理をこれまでは手作業で行わなければいけませんでしたが、条件設定することで自動処理することが可能です。以下、「自動処理登録支援機能」、「シミュレーション機能」はスムーズな自動処理を実現する特徴的な機能となります。

< 自動処理登録支援機能 >
普段行っている受注処理をした後に画面上で「検索条件・処理を引き継いで、自動処理を登録する」にチェックを入れると、自動処理として登録することができます。普段行っている作業内容・手順をそのまま自動処理登録できるため、複雑な設定をする必要がありません。

< シミュレーション機能 >
実際の注文が自動化した設定でどのように処理されるのかを事前に確認できます。設定した処理が正しく行われるかを確認できるため、設定ミスを防ぐことができます。

本機能提供の背景

 「CROSS MALL」ではバックヤードを支援するというコンセプトの元、システムで効率化することで時間を創出し、バックヤードがよりクリエイティブな活動をするための支援を行っています。この支援の一環として、導入企業から「こんな機能が欲しい」、「こんな処理をしたい」等のご要望を受け付けています。そのお声を元に、受注処理の負荷を軽減する自動化機能の開発を実現しました。実際に受注処理をしているバックヤードだからこそ出てくる意見を反映させた機能となっています。

「CROSS MALL」について

 https://cross-mall.jp/

複数ネットショップの商品登録、在庫管理、受注管理、発注管理、仕入管理が可能で、月額料金で利用できるASPサービスです。ご要望を積極的に受け付ける「お客様参加型の機能強化」を進め、使いやすさを重視しています。システム連携により、ネットショップのみならず店舗・倉庫・卸の実在庫もトータルで一元管理が可能です。


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画室 吉野(よしの)、菅原(すがわら)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3