ニュースリリース

2017年2月22日

ネットショップのバックヤードを徹底取材
初回は「ヤッホーブルーイング」「P.B.I」「IKEUCHI ORGANIC」掲載
日本初。バックヤード特化型メディア「B.Y」公開!


 ネットショップのバックヤードプラットフォームを8年運営してきた株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)が日本初のバックヤード特化型メディア「B.Y」をリリースします。

サイトURL : https://crossbackyard.com/



メディア立ち上げの背景

「これからのEコマースのバックヤードはクリエイティブに」

 経済産業省公表(*1)によると日本の電子商取引の市場規模は13.8兆円で、年間3-4%の市場拡大推移をみせています。このようなEコマース市場拡大の背景にはAmazonや楽天などの大型モールによる販路拡大があります。そのような中、Eコマース運営店舗のバックヤード業務は煩雑化が進んでおり、アイルは複数ネットショップ一元管理 ASP サービス「CROSS MALL(クロスモール)」によって、Eコマースのバックヤード業務の効率化や自動化を推し進めてきました。その結果、バックヤードは、“運用業務“(受注、出荷、在庫、顧客対応)で店舗を”支える立場”から“クリエイティブな発想で店舗を前に進める存在”になりつつあります。
 このように、Eコマースにおけるバックヤードが「次」のフェーズを迎えているなか、バックヤードの人を取材し、そのストーリーを広く伝えることで、お客様はもちろんEコマース業界の一助になればと考えています。これが中小企業支援を事業ドメインとしている我々が本メディアを立ち上げた背景です。

※1 「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

コンテンツについて

専任のコンテンツ編集チームが一貫した編集方針で制作

 今回、B.Yの立ち上げにあたっては専任のコンテンツ編集チームをつくり、取材・記事の作成を行っています。一貫した質の高い編集が可能になり、WEBメディアとしての責任と真の意味で業界の一助になるコンテンツの発信に努めていきます。

「バックヤード(裏側)を覗く」というコンセプトのサイトデザイン

 WEBサイトのデザインは単なるテキストと写真の構成ではなく、取材インタビュー動画や写真をリッチに使用。閲覧者のアクションによって記事内容の裏側が覗けるような仕掛け「B.Yモード」を開発しました。



初回掲載企業「ヤッホーブルーイング」 「P.B.I」 「IKEUCHI ORGANIC」

 初回の掲載企業は、アイルが開催したネットショップのバックヤードが主役のイベント「BACKYARD FES.2016」で、バックヤードの方の日頃の取り組みを表彰する「BACKYARD AWARD」を受賞された3企業を取材。
 それぞれの企業で個性的な方が現場でいきいきと業務にあたっている様子、また運営のこだわりを取材し記事にしました。



「CROSS MALL(クロスモール)」について

 https://cross-mall.jp/

 複数ネットショップの商品登録、在庫管理、受注管理、発注管理、仕入管理が可能で、月額料金で利用できるASPサービスです。ご要望を積極的に受け付ける「ユーザー参加型の機能強化」を進め、使いやすさを重視しています。システム連携により、ネットショップのみならず店舗・倉庫・卸の実在庫もトータルで一元管理が可能です。


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アイル
担当: 広報企画室 吉野(よしの)
TEL: 03-6367-5875  FAX:03-5408-1890
e-mail: info@ill.co.jp
東京本社: 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3